建替え/新築のご提案
保存と再生
丸栄建設の住宅実績

町屋(狭小地)に住む

町屋とは・・・

一言で町屋というと、家の外に「格子」や「虫籠窓(むしこまど)」があって、中には「坪庭」や「蔵」があって・・・と、あれやこれや視覚的なところをその定義にしてしまう傾向がある。
そもそも町屋とは伝統工法で建てられた「町中にある家」が基本である。造りに関する基本は、玄関が通りに面していること。家に入るとまず「通り庭(表から裏口にまで続く土間)」があること。それに沿って表から順番に「店の間」「生活部屋」「座敷」の部屋がある。「通り庭」は「店庭」と「走り庭(今の台所)」とに分かれる。「走り庭」は家事で表から裏までを忙しくバタバタと走ることからそう呼ばれるようになったそうだ。また火を使う場所なので、火が届かないように吹き抜けになっており、高い位置にある天井の「梁(はり)」も町屋の特徴である。
本来、「中庭」は、所帯が大きくなるにつれて家も大きくなり、部屋がいくつも必要となる事で暗く奥まった室内に光と風を通すために設けたものであり必要に迫られて出来上がったものである。
「蔵」も同様に、商売が大きくなるにつれ必要になり造られたものである。いわば中庭と蔵のある家は「ええとこの家」ななったわけだ。
また間取りの狭い町屋には階段箪笥(たんす)や隠し階段で押入れを有効利用するなど生活の知恵を随所に見ることが出来た。

その後、生活スタイルの変化から「町屋」の必要性は薄れていき、建物の様式も様変わりしてきた。特に昭和40年代以降の「畳のない生活」の台頭が時代を変えたといえる。

しかし、現在では昔を知らない世代にとって、全く新しい文化の一つとして受け入れられ、日本人の求める「落ち着き」「やすらぎ」「癒し」を「町屋」に見い出し見直されている。
マナーとルールを守りながらうまく町屋を使えれば昔の人々もきっと喜んでくれるであろう。
これからも過剰な増改築は避け、「町屋」が持つ良き伝統は残し、人々が協力し合いながら、心ある建物「町屋」を残し、創っていきたいと思う。



日本全国で城下町など古い町並みが必ず存在する。
町屋敷、町屋は狭い間口と深い奥行きを持ち隣同士が隣接する。街道などの通りを挟み、軒を重ね、密集するその形態は江戸時代末期に形成された。

華々しい町や文化を育ててきた町屋敷ではあるが、現在の生活様式には合わなくなり不自由な面があるのも否めない。
戦後、新建材の乱用によりかつての美しい町並みも崩れてきた。
そして町を離れる人も珍しくない。

近年になって空洞化する町屋を再生し、活性化するプロジェクトが全国各地で展開されるようになってきた。実に喜ばしいことである。
もともと高い文化性を持っていたこの町屋、地域のアイデンティティーを保ったまま現代的に住もうと考える町屋の皆さんのお力になりたいと当社は考えます。
平成22年8月30日更新

株式会社丸栄建設
名張市松崎町1440−1 TEL0595−63−2156 FAX0595−64−2776